不妊治療で使用するエストラーナテープ。効果や貼り方、副作用とは?

最終更新日時:
2024-01-30
市山 卓彦
医師
torch clinic医師

エストラーナテープはホルモン補充を目的としたエストロゲン製剤の1つです。エストラーナテープにはエストラジオールが含まれており、不妊治療では1.卵胞の形成を促進する2.子宮内膜を適切な状態に整え、胚着床を促進することを目的として使用されます。 エストラーナテープの効果や使い方についてわかりやすく解説します。

不妊治療ではエストラーナテープは何のために貼る?

エストラーナテープはホルモン補充を目的としたエストロゲン製剤の1つで、エストラーナテープにはエストラジオールが含まれており、不妊治療では以下のような効果があります。

  1. 卵胞の形成を促進する
  2. 子宮内膜を適切な状態に整え、胚着床を促進する

エストラーナテープは経口エストロゲン製剤に比べて副作用が少ないとされています。一方で、皮膚に貼る薬のためかぶれてしまったり、汗をかいたり入浴する際に一部が剥がれてしまい十分に効果を得られないことがあります。

このようなメリット・デメリットから、当院では患者さんに合わせて薬を選択し、2種類を併用することもあります。

主な使い方

採卵周期の前段階

卵巣機能が低下してる患者さんでは、獲得する卵子の数を増やすためにエストラーナテープ等のホルモン剤を用いてホルモンバランスを整え、準備を行ってから卵巣刺激を開始することがあります。

移植周期

移植周期ではホルモン補充周期でエストラーナテープを使用することがあります。ホルモン補充周期とはホルモン製剤を使用して着床しやすい内膜をつくる方法です。

これまでの研究では、ホルモン補充周期での胚移植はホルモン製剤を用いない自然周期と比べて妊娠率・出生率ともに同じくらいであったという報告がされています。

移植周期の始まり(主に月経中)から使用し、エストラーナテープ単独で使用したり経口エストロゲン製剤と併用することもあります(エストラーナテープを使わず経口エストロゲン製剤単独でホルモンを補充することもあります)。

使い方について

1.エストラーナテープを手で剥がします。

2.清潔で乾燥した皮膚に貼り付けます。貼る場所は一般的に下腹部を選択します。貼り付ける前に使用する部位をよく清潔にして、皮膚が完全に乾いていることを確認してください。また、貼り付ける部位を定期的に変えることで、皮膚への刺激を軽減することができます。

3.テープを貼り付けた後、手でしっかりと押さえ、はがれないように確認してください。

※皮膚に異常が現れた場合、または他の医薬品と併用する場合は、医師に相談してください。

不妊治療においてエストラーナテープを使用する場合、月経中に貼り始めて2日毎に張り替えて使用することが多いですが、患者さんの経腟エコーの所見やホルモン値、不妊症の原因によって変わることがあるため、医師の指示に従って行ってください。

副作用について

エストラーナテープは、ホルモン製剤であるため、副作用が生じる場合があります。

一般的な副作用

  • 下腹部の痛み
  • 頭痛
  • 吐き気
  • 胸の張り感
  • 動悸
  • めまい
  • 不眠
  • イライラ
  • 発疹

などが挙げられます。

重篤な副作用

  • 血栓症
  • 肺塞栓症
  • 心筋梗塞
  • 脳卒中などの血管障害

これらの副作用は、使用量や使用期間、患者の体調や年齢によって異なるため、医師の指導に従い、適切な投与量と期間を守ることが重要です。また、手足のしびれ・脱力、ろれつが回らない、呼吸が苦しい、胸が痛い、足の腫れや痛みなど、重篤な副作用が発現した場合はすぐに受診が必要です。